2009年02月24日(火)

新株価指数先物(CFD)はどのようなものなのか?

昨年末に東京金融取引所から新株価指数先物(CFD)の上場が発表され、先月末にその説明会がありました。取引所CFDとして国内初の金融商品となりますが、どのようなものなのかこのコラムを通して書いていきたいと思います。

■新株価指数先物(CFD)の特徴

今回、東京金融取引所にて上場が計画されている新株価指数先物(CFD)は“日経平均株価”そのものが取引対象となります。大証の日経225先物(日経225miniも含む)では満期日までの金利や配当等は価格に織り込まれているので、日経平均株価と日経225先物には価格の乖離がありますが、新株価指数先物(CFD)は取引期限がなく、金利や配当等に相当する金額の受払いがあるため、日経平均株価との価格の乖離は発生しません。

■取引所システムはくりっく365ではなくLIFFE CONNECTを使用

新株価指数先物(CFD)はくりっく365ではなく既存の取引所システムである“LIFFE CONNECT”を使用します。そのため、取引時間はユーロ円金利先物(8:30〜20:00)に準じた時間あるいはそれよりも長い時間になると思われます。売買方式はオークション方式なので投資家の方々が慣れ親しんでいる“板”となりますので、それほど違和感なく取引に参加できるのではないでしょうか。

■証拠金はSPAN方式。算出方法はミニTOPIX先物と同様

証拠金はSPAN方式となり、毎週見直しが行われます。証拠金の基準額となるプライススキャンレンジの算出方法はミニTOPIX先物と同様なので、日経平均株価の変動によっては日経225miniよりも証拠金の金額が少なくなることがあります。

画像(561x211)

■大証の日経225miniとの比較

画像(560x493)

主な違いは上述のとおり、新株価指数先物(CFD)には「取引期限がない」「配当相当額、金利相当額の受払いがある」となります。取引時間についてはユーロ円金利先物をベースに検討中となっておりますが、多少なりとも日経225miniより長くなると思われます。

■新株価指数先物(CFD)は短期売買向き?

新株価指数先物(CFD)は取引期限がありませんが、金利相当額の受払いがあります。FXではこうした「支払い」を嫌う傾向があり、コストとしての認識は薄いと言えます。そのため、長期に渡って保有するとしても「売り」からが多く、「買い」からはデイトレード、あるいは一週間ほどの短期売買が多くなるのではないでしょうか。ある程度、投資経験を積んだ投資家にとっては日経225先物や日経225miniとの裁定ができるので面白い市場になるのかもしれません。

■新株価指数先物(CFD)の課題

大証FXもそうですが、こうした新商品は流動性の確保が重要になってきます。流動性を十分に確保するためには証券会社を始めとした取引参加者の理解を得て、取引に参加してもらう必要がありますし、取引に参加してもらうには導入コストや取引手数料等が安価でなければなりません。新株価指数先物(CFD)の商品仕様が日経225miniと大差ないのであれば取引システムの構築にかかるコストは抑えられると思いますし、投資家には安価な手数料で提供することができると思います。但し、商品仕様が日経225miniと大きく異なる場合はこの限りではありませんので今後の東京金融取引所の対応に注意する必要があります。

■まとめ

[新株価指数先物(CFD)の特徴]
・取引期限(満期日)がない
・金利相当額の受払いがある
・配当相当額の受払いがある
・売買方式は板なので取引し易い
・証拠金はSPAN証拠金で日経225miniと比べて少しだけ安い
・商品仕様上、デイトレード向き?売りからの日経225miniとの裁定が面白そう

[新株価指数先物(CFD)の課題]
・流動性の十分な確保
・証券会社を始めとした取引参加者の十分な確保
・そのためには商品仕様をできるだけ日経225miniと大差ないものにする必要がある(取引システムの構築にかかるコストが抑えられるため。これは私個人の我儘か)

(※)当該コラムにおける商品概要等は、2009年1月27日段階における東京金融取引所案であり、今後の検討や行政当局の折衝等により変更される場合がありますので、その旨ご了承下さい。

Posted by 葛木茂樹

ページのトップへ ページのトップへ

広告

プロフィール

エヴァンジェリスト&コメンテーター

葛木茂樹

かつては証券会社や情報ベンダーに勤務していたことがあった。それらで培ったノウハウを活かし、フリーのコメンテーターとして日々を過ごしてきたが、現在では某社のエヴァンジェリスト(伝道師)として職務に励んでいるようだ。前職のこともあり、当然ながら金融業界には強い。

検索


最近の記事

広告


RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 CapitalF Co.,Ltd. All rights reserved.