【CFD NOW!!】 CFDナウ!-CFD取引に関するニュースを集約した情報サイト

 

CFD PR広告

最近のニュース

タグリスト

10/22

[取引サービス関係]
取引規制に伴い11/29より株価指数CFDのみの取扱いに=岩井証券

岩井証券は、2011年より施行されるCFD取引規制に伴う対応方法を公表。詳細は以下にて。

▼CFD取引規制に対するイワイCFDの対応について

●規制の主な要点

(1) CFD取引の区分(株価指数・指数先物CFD、債券先物CFD、商品直物・先物CFD、その他有価証券関連CFD)に応じて証拠金を算出することが必要となります。
(2) CFD取引の区分に応じてレバレッジ規制が導入されます。
(3) ロスカット取引の管理態勢の整備が必要となります。具体的には営業日ごとの一定の時刻においてCFD取引の区分に応じて実質証拠金が必要証拠金に不足する場合、建玉を継続することが禁止されます。

●規制に対するイワイCFDにおける対応方法

一部CFDの取扱中止
システム上CFD取引の区分に応じた証拠金の算出が困難なことから、「株価指数・指数先物CFD」以外の3つの区分に属するCFD取引について2010年11月27日(土)の取引終了時を以って、その取扱いを中止させていただきます。(「株価指数・指数先物CFD」以外の3つの区分に属するCFD取引の建玉について、2010年11月27日(土)の取引終了時までに反対売買にて決済していただくようお願いいたします。取引終了時を過ぎての未決済の建玉につきましては、当社の任意に、お客さまの勘定で決済させていただきます。)

レバレッジ規制対応
2010年12月27日(月)のマーケット開始以降、引き続き取扱を継続する「株価指数・指数先物CFD」について、必要証拠金率を全銘柄において一律10%(レバレッジ10倍)といたします。(同日以降、必要証拠金が増額となることにより証拠金率が低下しロスカットが発生する可能性がございます。予め余裕ある証拠金にて証拠金管理をお願いいたします。)

定時ロスカットの導入
2010年12月27日(月)のマーケット開始以降、リアルタイムで計測する通常のロスカットルール(ロスカットライン60%:リアルタイムロスカットと言います)に加えて、証拠金率判定時刻において証拠金の過不足(証拠金率100%)を計測し、証拠金が不足している場合(証拠金率が100%に満たない場合)、全建玉を反対売買するロスカットルール(定時ロスカットと言います)を追加いたします。証拠金率判定時刻はグリニッジ標準時間9時(日本時間18時)といたします。

定時ロスカットの導入に伴い、これまでの証拠金率100%及び80%を下回った場合の証拠金率アラートメールに加えて、証拠金率が120%を下回った場合にも証拠金率アラートメールを送信いたします。

  当ニュースの固定リンクはこちら


コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

CFDニュース検索


CFDニュースカレンダー

2010 / 10
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサードリンク


RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2008 CapitalF Co.,Ltd. All rights reserved.